管理人の三分間メモ
経験談を主体に書いています





初めに・・・
ヤマメの釣り方
岩魚の生態
広く分布する鱒
鮎の生態
ダイエット、こんにゃく芋
すっぽん大将、サスマタ
フライフィッシング
管理釣り場
幽霊の話
危険な冬の釣り
小鳥を飼う
野鳥の巣と蛇
淡い初恋の話
喧嘩したことない、の話
30年前のパソコンの話
楽しみな山菜狩り
本格的な愛鳥用鳥小屋
日曜大工で鳥巣箱を作ろう
繁殖用鳥小屋(箱)の作り方




初めて海外旅行
運転免許の話
鷹を飼う
なんでも反対、日米
アメリカが大国になれた訳
アメ車と日本車の棲み分け
SUSHI & SASHIMI
一番安い昼飯、中華
英語の発音-日本語と逆
オバマ大統領
大統領就任式はきつい
ケネディー家のその後
ニューヨーク州と
    ニュージャージー州

鹿肉とBSE
隣の芝は青いか
庭は子供の遊び場にあらず
自家用機を飛ばそう
    フライトシミュレーターの話
ああ、勘違いハムスター
お尋ね者捜査官NYC
時差ボケ未然防止策
アメリカ人の世界観
「FU●K」を連発アメリカ人
国家試験=ドイツの釣り
70兆円どこに消える?


ヒスパニック・パワー
規則、規則のドイツ
4種類ある「タイ人」
世界へ羽ばたけ、若者達よ
常時15種類、
    タイのフルーツ

飛行機の遅れる理由
テキサスのお姉ちゃん
    テレビドラマの女優
Jonas Brothers
    人気のバンドグループ`
タレント 三人組
ダンサー テレビ番組
ロック歌手 Micki Free
ケネディーさん
ギタリスト、Peter Frampton
ラリー・キング




石原都知事、アホな記者の質問にブチ切れ



ナイトドライブNYC




YouTube

DVDニューヨーク

アマゾンで購入

見本はこちら

オールナイトNYC

見本はこちら

一覧表を見る











鹿肉を食べる人、味はどうですか?

「鹿肉?それは珍しい。是非・・・」
この「是非・・・」の後に続く言葉はなんでしょう?  言うまでも無く「食べたくない」ではなくて「食べてみたい」でしょうね、 普通の場合は。
確かにそう簡単には食することができません。なぜならスーパーでは まず売っていないからです。
鹿し(しかしの洒落)、ニューヨーク州やニュージャージー州では鹿という動物自体は珍しくもなんともない動物なのです。

ここで言うところの「珍しくない」は誰でも知っているという意味での珍しくないということではなくてずうーっと、ずうーっと昔に 映画で見た「小鹿物語」よろしく身近な動物なのです。「小鹿物語」の映画を見たことがあるという人は今はすでに50代後半から 60代のおじさん、おばさんがほとんどでしょう。

私の場合はたしか小学4-5年生の頃学校の講堂でその映画を見せてもらった時の記憶が未だ鮮明に残っています。もちろん その後大人になってからも1度か2度ビデオで見たこともあります。
映画のストーリーはアメリカ開拓時代の農村が舞台で、農家の男の子(たしか小学4-5年生くらい)がいわゆる小鹿のバンビと 仲良しになる話でした。 

今と違い新聞、テレビ、ラジオが有るわけではなく「ないないづくし」の開拓時代の話のため娯楽と言っても 大人達にはバーとか、サルーンと呼ばれた「居酒屋」で酒を飲むとかお祝いの時にダンス(フォークダンス)をしたりとかができたが 子供の娯楽といったら木造りの玩具でもあればよいほうでその他は本があるくらいの時代の話でした。

開拓時代の土地には動物がたくさんいたのです。野うさぎ、リス、キツネ、スカンク、たぬき、みてくれの悪いポッサム、もちろん犬も 猫もいました。それらの動物の中では一番大きくそしておとなしいのが鹿でした。 小鹿もやがては大きくなり普通の鹿になります。

少年の楽しみはその小鹿と遊ぶことでした。でも、犬や猫のようにじゃれあうことができるほど人間に近づく動物ではありません。 少年は餌をやったりそばまで行けるだけ行って眺めたり、話掛けたりするのが農作業の手伝いの合間の楽しみだったのです。

しかし、ある日少年の父親がその鹿を猟銃で撃ち殺してしまったのです。 
少年にしてみれば唯一とも言える「友達」だった小鹿が父親に撃ち殺されたらそのショックはどれだけ大きかったことか。 
まずしい開拓時代の話で、父親は家族を養っていかなければならない立場にあるのは昔も今も同じです。 その家族を守るために 鹿を撃ち殺したのです。 なぜ?

自宅の裏庭にやってきて一休みしている鹿。
と、書くと「どんな田舎に住んでいるのか?」と聞かれそうですが、我が家はNJ州とはいえマンハッタンのエンパイアステート ビルから車で30-40分しか離れていません。住宅街の一角です。田舎と呼べる町はマンハッタンから最低でも1時間以上は走る 必要があります。それだけ走ると畑があちこちにあり、家も点在する田舎になります。

裏庭でくつろぐ牡鹿

拡大写真

鹿を眺めるリス

鹿は凶暴ではないがある種の「害獣」なのです。 
畑に植えたとうもろこしの芽が出るとそれを軒並み食べてしまったのです。最初のうちは父親も子供のことを 考えて畑に柵を張り巡らして鹿が入って来れないようにしました。
しかし、鹿はそれを飛び越えて畑に入り芽が出たばかりのとうもろこしを次から次へと食べてしまうのでした。

とうもろこしは穀物のなかでは最も重要な作物でした。それが採れないということは冬場に備える食物がなくなる ことを意味します。そこで万策尽きた父親は息子がかわいがっていた鹿ですが人間の命には代えられないので撃ち殺したのです。

ニューヨークでもニュージャージーでも郊外の住宅地に行くと鹿はリスと同じくらい身近な動物です。
住宅地を歩き廻っているのを良く見かけます。道路を横断中に出くわすことが良くあります。花を植えれば花を食い、 裏の庭に家庭菜園を作ればそれを食う。
花も植えない、家庭菜園も作らない人には只の鹿ですが、人によっては鹿は「害獣」以外の なにものでもないのです。

たぬきは夜な夜な子連れで現れてゴミ収集容器(ドラム缶くらいの容器)をひっくり返して中の生ゴミや野菜 をあさります。金属製のゴミ入れでなければかじって穴を開けて中のゴミをあさります。 
それを防ぐためゴミ箱は金属製が多い。従ってプラスチックで出来ていても『ゴミ缶』と呼ぶようになった。

夏場の早朝にペンシルバニア州の高速を2-3時間走れば5-6頭の鹿が車にはねられて横たわっているのを見かけます。
中にはそれを拾っていく車もいます。鹿の肉が味わえるからです。乗用車を運転している人でそれを拾う人はあまりいないでしょうが 小型トラックなどを運転しているときなら簡単に荷台に放り込めます。 乗用車でも屋根に鹿を載せて走っているのを見かけることがあり ます。(これはごく稀です)


さて、もう10年以上前の話になりますが、ミネソタ州だったか、中西部の州で鹿肉を常食としていた猟師がBSE(狂牛病)の症状を発して 死亡したというニュースがテレビ、ラジオで報じられました。
その後そのようなニュースは聞いていませんが食べ過ぎには注意が必要です。
私も何度か鹿の肉をもらったことがあります(断っても押し付けられた)が、自分では一切口にせず右から左に廻しました。

ここでクイズをひとつ:

ある夜、11時頃に家に帰ってきたら家の前の道路に鹿が3-4頭いました。ちょうど昼に食べたバナナの残りを2-3本持っていたので 車の窓を開けて3mの至近距離から鹿のほうに投げてやりました。バナナは鹿の足元に落ちました。別に驚く様子もなくバナナに近づいてきました。
ここで問題:鹿はそのバナナを食べたでしょうか? 
答えはこのページの一番下にあります。

Copyright(c) Kannagawa.com All Rights Reserved
Kannagawa.com
Created by Kannagawa.com
Eat In Bergen Creative DVD Moving Info Yoraku Hitorigoto Satoriku-Kensetsu Kannagawa Kachoken CSSIWA Limo
鹿のクイズの答:
答え:全く興味を示さず無視して行ってしまいました。鹿はバナナを食べないのです。
「勿体無いなあ…」と考えた私はそれを拾い上げ自宅に入ってから自分で食いました。人間はバナナを食べます。