小鳥、ブンチョウ、十姉妹、インコを飼う(飼った)話 Finch Bird  

管理人の三分間メモ
経験談を主体に書いています





初めに・・・
ヤマメの釣り方
岩魚の生態
広く分布する鱒
鮎の生態
ダイエット、こんにゃく芋
すっぽん大将、サスマタ
フライフィッシング
管理釣り場
幽霊の話
危険な冬の釣り
小鳥を飼う
野鳥の巣と蛇
淡い初恋の話
喧嘩したことない、の話
30年前のパソコンの話
楽しみな山菜狩り
本格的な愛鳥用鳥小屋
日曜大工で鳥巣箱を作ろう
繁殖用鳥小屋(箱)の作り方




初めて海外旅行
運転免許の話
鷹を飼う
なんでも反対、日米
アメリカが大国になれた訳
アメ車と日本車の棲み分け
SUSHI & SASHIMI
一番安い昼飯、中華
英語の発音-日本語と逆
オバマ大統領
大統領就任式はきつい
ケネディー家のその後
ニューヨーク州と
    ニュージャージー州

鹿肉とBSE
隣の芝は青いか
庭は子供の遊び場にあらず
自家用機を飛ばそう
    フライトシミュレーターの話
ああ、勘違いハムスター
お尋ね者捜査官NYC
時差ボケ未然防止策
アメリカ人の世界観
「FU●K」を連発アメリカ人
国家試験=ドイツの釣り
70兆円どこに消える?


ヒスパニック・パワー
規則、規則のドイツ
4種類ある「タイ人」
世界へ羽ばたけ、若者達よ
常時15種類、
    タイのフルーツ

飛行機の遅れる理由
テキサスのお姉ちゃん
    テレビドラマの女優
Jonas Brothers
    人気のバンドグループ`
タレント 三人組
ダンサー テレビ番組
ロック歌手 Micki Free
ケネディーさん
ギタリスト、Peter Frampton
ラリー・キング


石原都知事、アホな記者の質問にブチ切れ



ジェットストリーム

全日空機JFK空港到着管制無線交信

ナイトドライブNYC






 






小鳥、文鳥、十姉妹、インコの話

中学生の頃の友達の一人に小鳥をたくさん飼っている男子生徒がいた。
彼の家には鳥小屋があった。普通鳥小屋というとニワトリを飼う鶏舎のことを想像するが、その友達の家の鳥小屋とは 小鳥を飼うための小屋だった。 小鳥は鳥かごで飼うことが多いがその家にはたくさんの小鳥がいた。
十姉妹、文鳥、セキセイインコ、チャボ、キンケイ鳥(金鶏鳥)がその小屋の中で共同生活をしていた。
鳥小屋は2m x 3mほどの大きいものだった。

3畳間より広いスペースで高さは2mほどあった。人間でもなんとか住める スペースだが、人間の何百分の1の小鳥にしてみればまさに「豪邸中の豪邸」ともいえる住まいである。
ある日、小鳥を分けてもらうことになった。
十姉妹や文鳥やセキセイインコは1年のうちに3-4度子育てをするのですぐに数が増える。それで数羽を分けてもらえる ことになった。

一番最初は飼育が簡単と言われる十姉妹を番(つがい)でもらった。
鳥かごを買おうと思ったが値段が高いので自分で作ることにした。
家は農家だったので板も釘ものこぎりも材料はいくらでもあった。 40cm真四角くらいの鳥かごを買うには数百円は必要だった。50年くらい前の話である。当時は1日の小遣いが10円、20円で 十分な時代である。数百円という「大金」は 持っていない。 が自分で作れば材料費はゼロ。
40cm真四角の箱を作り前面に金網を張れば出来上がりだから2-3時間の作業だった。
言うまでも無く箱の横には10cm x 15cmくらいの穴というか作業用のスライドできるドアを付ける必要がある。そのドアを使って 水や餌を出し入れするのだ。

上:十姉妹
Wikipediaから

シュロの樹
丸印の部分には下の 白線内にあるような「ひげ状の樹皮」ができる
次に鳥に産卵をさせるためには巣箱を作る必要がある。十姉妹の場合はわら縄を使って直径12cmくらいの筒(壷状)の巣を作る。 言ってみれば焼き物の壷を作るよう な要領で底から作り始めて上のほうは鳥が簡単に出入りできるように直径6-7cmくらいは 空けたままにしておく。それを巣箱の隅っこの上のほうに針金でくくりつければ出来上がりである。 餌箱や水のみの器は買っても値段は知れているから買うことにした。餌は小鳥用に配合飼料を売っている。ひえとか粟とかキビ、麻の 実に貝殻の砕いたもの(カルシウム)を混ぜてある。
後は鳥が巣作りをするには枯れた草とかが必要になるが友達は「シュロの毛が良い」と言っていたので最初はそれをもらった。 シュロとは植物でソテツの木みたいな木だが葉は天狗のうちわみたいな葉を付けるがその樹木の幹の部分には毛髪を絡めたような 樹皮があるがそれが良いという。 山に行けばいくらでも手に入る。

それを鳥箱のなかに入れてやるとすぐにその樹皮の毛髪みたいな一本一本を巣に運び込み巣作りを始める。
10cmもあった巣の入り口はやがて2-3cmほどの隙間が開くだけの大きさになってしまう。
1週間もすると巣作りが終わりやがて産卵となる。多い時には7-8個ちかい卵を産む。良く覚えていないが最後の卵を産んでから 抱卵が始まり2週間くらいで孵化する。
狭い巣の中で多数の雛が生まれるので全部が成長するとは限らないが、一月もしないうちに5-6羽は巣立ちできる。 2羽だった鳥箱が一気に7羽のにぎやかになる。
文鳥もセキセイインコも全く同じ要領で飼うことができるが、相違点は文鳥の巣箱は木の箱にするのが良い。長方形の箱( 完全に密封型の箱 横25cmx奥・高15cm)にし、中央に巣箱の高さの半分くらいの間仕切りをして左右に分けて、 その右半分のところに鳥が出入りできる だけの4x5cmくらいの穴(丸でも四角でも良い)を開ける。 巣材はシュロの葉よりも枯れ草や綿や紙くずなどを使うことが多い。
セキセイインコの場合は同じく直方体(一辺が15cmくらいで高さは25cmくらいの箱を作るがそれを上下に分けて上半分に 鳥が出入りできる穴を開ける。 箱の底には巣作り用に15cmx15cmの板の中央に直径7-8cmの穴をくり貫いたものを入れる。 インコはこの板をくちばしでかじって粉を作りそれを巣材とするためである。
巣箱の作り方

上:文鳥
田舎だったから小鳥も自然環境に近い状態で飼ってやりたいと考えた。
1年くらい後になってから庭の隅っこに間口2m x 奥行き1.5m x 高さ1.8m ほどの鳥小屋を作ってやった。  場所さえあれば 金が掛かるのものではない。小屋の枠は木材(3-5cmの角材、が無ければ棒でも可)で作り、床は地面をそのまま活用、 四方と天井 は金網を張った。 
今でも1万円も掛からないで作れると思う。自分の場合は家が農家だったので材料はいくらでもあったから 買うことはなかった。天井にも網は張ってあるが一応雨よけとしてブリキだったかプラスチックだったかの波板(いわゆるトタン板) で半分くらい覆った。 自然環境なら屋根はまったく不必要だがそこは「親心」が働いた。雨宿りをしたい鳥は屋根の下に入れば いいし、雨に濡れたい鳥は屋根の無い部分にいれば良いわけである。
止まり木などは近くの山から適当なサイズの小枝、といっても一本棒ではなくて枝がいくつも出ている自然の状態に近いもの、 を拾ってきて中に入れた。 鳥小屋が大きいので人間様が手入れのために出入りする入り口も大きいのが50cmx120cmくらい のものを作り、そのドアー(金網張り)の中に更に小さい日常の餌、水交換のための30cmx30cmくらいの二通りのサイズを 作った。 これで万全であった。

これで鳥たちは全くの自然環境と同じ状態で飼えた。 自然環境に近いので鳥たちは元気に繁殖していき、最盛期は文鳥、インコ、 十姉妹全部で20-30羽の所帯になり大変賑やか(うるさいほど、特にインコ)になった。


セキセイインコ
観賞用として小鳥を飼う人が多いと思うが、繁殖もさせようという場合は小鳥は木の箱、今はないが昔はりんご箱とかみかん箱 とか言うのがあった。みかん箱は小さすぎたがりんご箱では大きすぎた。 りんご箱の半分ほどのサイズがちょうど良い。
その箱を横置き(蓋のない部分が前面)にしてそこに金網を張れば良い。 横に手入れ用の穴を開けるのにちょっと苦労する かも知れないが、のこぎりは必要になる。無ければどこかで借りてくる必要がある。  
50cmx50cmくらいの金網なら値段もたいしたことないと思える。 鳥かごなどを買うよりもずっと安く作れて尚且つ繁殖 する鳥にとってみれば環境が良い。 
箱の底には砂などを入れてやるのが良い。 砂を敷いてあればフンがすぐに乾くので衛生面で良い。 砂が箱から飛び出ない ようにするためには箱の底面の前部に5cmくらいの板を当てがって砂止めにするのが良いと思う。

最後に餌はほぼ共通していてヒエ(稗)、アワ(粟)、キビ(黍)等の穀物が主体となる。麻の実やキビは体力不足の鳥には必要であるが、 脂肪に富むのでずっと与えることは良くない。極少量を毎日の餌に入れるのは良いが全体量の5%以下に抑えたい。 くれすぎると鳥もメタボになる(笑)。特にメスは卵を産むときに支障がでる。
穀物は殻をむいた(脱穀した)ものとしてないものがあるが、脱穀していないものは殻が餌の上に残ってしまい下の餌を食えなくなるので 毎日殻を取り除いてやる必要がある。口で殻を吹き飛ばせば良いが殻が飛び散り辺りが汚れるので考えながらすることが必要。
脱穀してないものを与えるのが良い。
カルシウムは貝殻を砕いた砂状(砂よりは目が荒い)のものを与える。インコにはイカの甲羅を干したものを与えてかじらせる。
そして、野菜もやる必要がある。白菜系、レタス系を好む(薄緑系)。鳥小屋が大きい場合は鉢に植えたものをそのまま小屋の中に入れてやる。 新鮮で尚且つ長持ちする。ほうれん草やきのこやピーマンなどは好まない。 リンク:自然環境に近い鳥小屋を作ろう

Copyright(c) Kannagawa.com All Rights Reserved
Kannagawa.com


Created by Kannagawa.com
Eat In Bergen Creative DVD Moving Info Yoraku Hitorigoto Satoriku-Kensetsu Kannagawa Kachoken CSSIWA Limo