オバマ大統領 初の黒人大統領 Obama

管理人の三分間メモ
経験談を主体に書いています





初めに・・・
ヤマメの釣り方
岩魚の生態
広く分布する鱒
鮎の生態
ダイエット、こんにゃく芋
すっぽん大将、サスマタ
フライフィッシング
管理釣り場
幽霊の話
危険な冬の釣り
小鳥を飼う
野鳥の巣と蛇
淡い初恋の話
喧嘩したことない、の話
30年前のパソコンの話
楽しみな山菜狩り
本格的な愛鳥用鳥小屋
日曜大工で鳥巣箱を作ろう
繁殖用鳥小屋(箱)の作り方




初めて海外旅行
運転免許の話
鷹を飼う
なんでも反対、日米
アメリカが大国になれた訳
アメ車と日本車の棲み分け
SUSHI & SASHIMI
一番安い昼飯、中華
英語の発音-日本語と逆
オバマ大統領
大統領就任式はきつい
ケネディー家のその後
ニューヨーク州と
    ニュージャージー州

鹿肉とBSE
隣の芝は青いか
庭は子供の遊び場にあらず
自家用機を飛ばそう
    フライトシミュレーターの話
ああ、勘違いハムスター
お尋ね者捜査官NYC
時差ボケ未然防止策
アメリカ人の世界観
「FU●K」を連発アメリカ人
国家試験=ドイツの釣り
70兆円どこに消える?


ヒスパニック・パワー
規則、規則のドイツ
4種類ある「タイ人」
世界へ羽ばたけ、若者達よ
常時15種類、
    タイのフルーツ

飛行機の遅れる理由
テキサスのお姉ちゃん
    テレビドラマの女優
Jonas Brothers
    人気のバンドグループ`
タレント 三人組
ダンサー テレビ番組
ロック歌手 Micki Free
ケネディーさん
ギタリスト、Peter Frampton
ラリー・キング




石原都知事、アホな記者
の質問にブチ切れ



YouTube

DVDニューヨーク

アマゾンで購入

見本はこちら

オールナイトNYC

見本はこちら

一覧表を見る



ブッシュさんさようなら、オバマさんこんにちは

オバマさんは黒人か白人か…
つい最近、テロリストの頭目と言われていたビンラーデンが処分されて多少人気が盛り返したオバマ大統領ですが、日本の菅さんと大体同じような、 期待を持たれて登場したがやることはいまいちです。(この行2011年5月に追加)
(以下はオバマ大統領の就任直前に書いたもの)
さあ、新しい歴史が始まります。歴史的な大統領となる初の黒人大統領の誕生です。
オバマ大統領の就任に伴う色々な行事の費用がなんと160億円もかかるそうです。 

ちょっと待ってよ、なんでそんなに 金が掛かるの?と言いたくなるのは私だけではないでしょう。
1.6億円、いや16億円でも「すげえ~」と言いたいところだが さすがに桁違い、160億円とは開いた口がふさがらない。 CNNテレビのニュースの話でした。
日本の総理大臣なら1000万 円すら掛からないでしょうね。何分の一でしょうねえ?

さて、初の黒人大統領ということで歴史に残るオバマさんですが、ちょっと考えてみましょう。
アメリカ合衆国に黒人が多くいるのは周知の事実です。彼らの祖先は言うまでもなくアフリカ大陸から奴隷としてアメリカに 売られて来た人々でした。 
ここでちょっとアメリカ史のおさらいをしましょう。
1492年にコロンブスがアメリカ大陸を発見しました。 それ以降色々な探検家が アメリカに殺到しました。
スペイン人の探検家も多く行ったので彼らは中南米、メキシコあるいはアメリカのフロリダとかカルフォルニア を植民地としました。
イギリスからもたくさんの人々が宗教的な理由からアメリカに新天地を求めて渡っていきました。
最初のイギリス 人がアメリカに移り住んだのは1609年と言われています。コロンブスがアメリカ大陸を発見してから117年後のことでした。

そしてそれから(イギリス人がアメリカに来た時の)10年後の1619年に最初の黒人がアメリカに連れてこられました。
彼らは奴隷として牛や馬の代わりとして連れて来られたのです。人間扱いはされず「物」として扱われていました。 
それから240年ほどたった1862年にリンカーン大統領が奴隷解放宣言を発布するまで「家畜同然」の扱いをされてきました。 
その奴隷の子孫がいわゆるアメリカにおける「黒人」なのです。
奴隷解放宣言は出されても見えない差別はその後も100年ほど続き1960年代の公民権法が発布されるまで延々と続いてきたのです。
黒人の白人に対する敵対意識はそのような理由があるのです。加害者(?)は自分の犯した罪(?)をすぐ忘れますが、被害者は一生どころか子々孫々 までその恨み(?)を持ち続けます。これは現代の中国や朝鮮にも当てはまります。彼らが日本を敵視するのはそのためです。

この公民権法の制定に関してはマーチン・ルーサー・キング牧師が大きな役割を果たしています。
また、当時のケネディー大統領も黒人の人権には前向きに取り組んでいました。
1619年から1964年までの345年間もの間黒人には人権が与えられていなかったのです。
徳川幕府の260年余の時代よりもそれはもっとずっと長い期間続いたのです。
黒人の基本的人権こそ彼らの先祖代々の悲願でもあったわけです。表向きは差別をしては ならず、平等なのですが、現在でも目に見えない差別は存在しています。 
また、それがあるがために黒人の多くが未だ「被害者意識」を持ちながら生きています。  

 さて、もう一度言いますが、アメリカに於ける黒人とは一般的に「奴隷の子孫」のことを言うのが一般的です。
また、そういう 人々が黒人の95%或いはそれ以上をしめているからです。
しかし、今度大統領になったオバマさんはそういう黒人ではありません。
ご存知の方も多いでしょうが、彼はケニアからアメリカ(ハワイ州)に留学生で来ていた父親とカンザス州出身でハワイ大学に 来ていた白人の母親との間に生まれました。
いわゆる一般常識で言うところの「アメリカの黒人」とは大分毛色の違う黒人なのです。
そのあたりが白人の許容を受けている 部分でもあるのです。つまり、「半分は白人」という点が違うのです。 
奴隷の子孫でもないし、100%の黒人でもなく、50%は白人の 血が流れている点が今度大統領になれた理由と考えてよいでしょう。
それに学歴も問題ないし「一度やらせてみるか」という空気というか雰囲気が盛り上がったのが成功の秘訣でもありました。
2009年1月のことでした。


それからアメリカの大統領になるには基本的に「若く」て「背が高く」ないとなれないというかそういう人が過去にたくさん選ばれて います。
マケインさんが大統領になれたかったのは「じいさん」だからというのがその理由です。
レーガン大統領のような超有名人 ならいざしらずただの人(上院議員であっても)では歳をくっていたら大統領にはなれないと思ったほうが良いでしょう。
ではヒラリー上院議員が大統領になれたかったのはなぜかと言うと彼女は頭が切れすぎたため「冷たい感じ」(顔に似合わず)を与える 点が嫌われたのです。「切れ者、冷たい」という印象を与えてしまうのです。
政治の経験やバックグランドは申し分なくても大統領になるには時の「ムード」と「本人の性格」が重要な 要素となるのがアメリカの大統領制です。言わば「人気者」が大統領になり易いということも言えます。  

2009年1月オバマさんが大統領に就任。
半年後に日本では総選挙がありオバマさんにあやかって民主党に「一度やらせてみるか」という雰囲気が盛り上がり政権交代が実現しました。 が、その結果はアメリカとは大違い「素人集団の民主党」に政権を渡したところ日本はご存知のようにメチャクチャになってしまったのです。
まず、沖縄普天間のゴタゴタからアメリカとの同盟関係にヒビが入り始め、漁夫の利を得ようとする中国が尖閣諸島でちょっかいを出し、韓国は 竹島近辺に次から次へと物を作りたくさんの人が出入りするようになり、ロシアは北方領土に大統領が行くなど等、戦後60数年起きなかったような ことが次から次へと起こっています。それも日本の国益が脅かされるようなことばかり。
民主党の「日本政府」はガタガタ、無免許の運転手が日本丸を運転しているのでどっちへ行くか方向が 定まらず船がダッチロールで左に向くと右からロシアがちょっかいを出し、右に向くと左から中国がちょっかいを出す。まっすぐ走っていても韓国は ちょっかいを出し続ける。
自民党が良いとは言わないが、民主党は素人なだけにさらに危ない、国が持たない。そこでその中間を行くであろう「維新の会」が 漁夫の利を得るチャンスだが、「一度やらせてみるか」という国民意識も高まっているようだ。(この項12年7月追加)
 

Copyright(c) Kannagawa.com All Rights Reserved
Kannagawa.com




Created by Kannagawa.com
Eat In Bergen Creative DVD Moving Info Yoraku Hitorigoto Satoriku-Kensetsu Kannagawa Kachoken CSSIWA Limo