幽霊の話、怖いのを見たことありますか

管理人の三分間メモ
経験談を主体に書いています





初めに・・・
ヤマメの釣り方
岩魚の生態
広く分布する鱒
鮎の生態
ダイエット、こんにゃく芋
すっぽん大将、サスマタ
フライフィッシング
管理釣り場
幽霊の話
危険な冬の釣り
小鳥を飼う
野鳥の巣と蛇
淡い初恋の話
喧嘩したことない、の話
30年前のパソコンの話
楽しみな山菜狩り
本格的な愛鳥用鳥小屋
日曜大工で鳥巣箱を作ろう
繁殖用鳥小屋(箱)の作り方




初めて海外旅行
運転免許の話
鷹を飼う
なんでも反対、日米
アメリカが大国になれた訳
アメ車と日本車の棲み分け
SUSHI & SASHIMI
一番安い昼飯、中華
英語の発音-日本語と逆
オバマ大統領
大統領就任式はきつい
ケネディー家のその後
ニューヨーク州と
    ニュージャージー州

鹿肉とBSE
隣の芝は青いか
庭は子供の遊び場にあらず
自家用機を飛ばそう
    フライトシミュレーターの話
ああ、勘違いハムスター
お尋ね者捜査官NYC
時差ボケ未然防止策
アメリカ人の世界観
「FU●K」を連発アメリカ人
国家試験=ドイツの釣り
70兆円どこに消える?


ヒスパニック・パワー
規則、規則のドイツ
4種類ある「タイ人」
世界へ羽ばたけ、若者達よ
常時15種類、
    タイのフルーツ

飛行機の遅れる理由
テキサスのお姉ちゃん
    テレビドラマの女優
Jonas Brothers
    人気のバンドグループ`
タレント 三人組
ダンサー テレビ番組
ロック歌手 Micki Free
ケネディーさん
ギタリスト、Peter Frampton
ラリー・キング






石原都知事、アホな記者
の質問にブチ切れ



YouTube




幽霊と金縛りの話

ようこそ!幽霊の話へ
残念ながら幽霊を見たという話ではありません。 従いまして、期待はずれと思ったらこれ以上お読みにならないほうが良いと思います。

幽霊がいるかいないか、出るか出ないかに興味があり、怖いもの見たさで幽霊を見たいと思っています。
今までたくさんの人、特に人生経験の長いお年寄りを中心に「幽霊を見たことがありますか」という質問を続けているが 未だ「見たことがある」という人に出会ったことがありません。ひとりの例外を除いて。

まず見たという人の話から、その人は富山県出身で子供の頃(小学高学年から中学1年頃)に廃屋となった工場内で 友達と飛んだり跳ねたりして遊びまわっていた時に夕暮れ時のまだそんなに暗くなっていない時間、そろそろ家に帰ったほうが 良いだろうという時間帯、にいきなり何かに足首をつかまれて動けなくなった。 「なんだろう」と足元を見ると床から手が出ており、 その手が自分の足首を掴まえていたのが見えたというものであった。
その前後関係がどうなったか、どうしてそこから逃げたかについては30年以上も前の話なので良く覚えていないが、「床から手が出て・・・」 という部分がまだ強烈な記憶として残っている。

幽霊の話は全国至るところにたくさんあるが、それ以外の幽霊を見たという当人から話を聞いたことがない。
果たして幽霊はいるのだろうか?
一番考えられるのは犯罪者、特に人を殺した人がその被害者に対する罪意識から見る夢などから尾ひれがついて広まっていくものでは なかろうかと思うが、現在の科学で究明できないところが不可解でもあり、それゆえに幽霊を利用(?)するオカルト関係の人間が飯を 食えるということになるのでないだろうか。
近場では鬼石町(現藤岡市鬼石)の下久保ダムの建築に伴う工事関係の犠牲者が幽霊となって出るという噂があるが、実際に見た ことがあるという人はいないようである。 
幽霊を特集するような出版物が「らしい」、「だろう」という噂話を本にする際に断定的に「そうだ」、「出る」とう書き方をしてしまうところに 問題があると思える。 そうしないと本が売れないからだろう。
テレビ番組などでもそのほとんどすべてが「こじつけ」の番組なっていることが多い。
心霊写真などはその最たるものでみんなごじつけで「この背後に写っているのが霊だ」などと言っているが多いのには閉口する。 まあ、詐欺まがいの商売と言っても良いだろう。

幽霊の次に来るのがひと玉(人魂)だろうが、これは現代科学である程度分析、解明ができつつあるので、実際にそういう現象が おきる、起こるということが分かりつつある。
ひと玉に関しては父親が「実際に見た」という話を聞いたことがある。 が、幽霊とは格段に恐怖心が違うのであまり驚くことはなかった。 幽霊であればその「人相、姿、性別」が気になるが、ひと玉の場合は単なる火の玉だろうからせいぜいその色や形くらいが興味の 対象となるくらいなのであまり驚くに値しない。


幽霊、ひと玉と違い金縛りというのは自分でも経験したことがある(と思う)。それはいつも寝ているときに起こる。
時は多分中学1,2年の頃だったと思う。
理由も事情も詳しくは覚えていないが、動かしたい手や足がが動かない。それでパニックになる。
もがいて声を出そうと思っても声も出ない。手も動かなければ、足も動かない現象。
しばらくもがいているとそのうちに手足が動くようになる。そのときに目がさめる。
これは夢と現実の中間の現象みたいで一見意識があるのだが(と言っても夢が現実かがハッキリ区別
できないのだが)、手も足も動かない現象のことだと理解している。
もがいているときは苦しいというか無我夢中とはこのことではないだろうか。
で、そのあとで手足が動くようになったときに不思議なのが「今のは夢か現実か」といつも思い返すことだった。
いつも寝ているときに起こったことなので「あれは夢の中の金縛りだろう」というのが自分なりの結論ではあるが…。

一番初めに紹介した友人の話は寝ている時の話ではないので「???」と思うばかりである。自分がそのような場面に遭遇した こともないので半信半疑だが、なんとも言えない。

最後に、昔、祖母が良く言っていた。『何が怖いかって?そりゃバカとキチガイがいだよ!』と。
いつ何をしでかすか分からないから実際怖い。放火、通り魔殺人、切り裂き魔、強姦殺人、無差別殺人、学校侵入殺人等など。 これはいつの世でも一番怖いものであろうと思う。
もっとぞくぞくする話をご希望ならこちらのサイト が良いかもしれません。

Copyright(c) Kannagawa.com All Rights Reserved
Kannagawa.com


Created by Kannagawa.com
Eat In Bergen Creative DVD Moving Info Yoraku Hitorigoto Satoriku-Kensetsu Kannagawa Kachoken CSSIWA Limo